小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

福岡市中央区小笹で建築設計活動をしています。衣食住日々豊かに送れるようにように日常生活の発見から日記をつけていきます!

精米生活

引っ越して精米機を購入。 

お米は玄米のまま買い、こちらで何分つきか調整して精米。 

炊飯器なし毎回深鍋炊き生活なのかホクホクご飯を提供してくれています。    

f:id:koza-arc:20190228175022j:image

始めちょろちょろなかぱっぱが、わかったのか分かってないのか知らないが…。

冷凍後もストレスなく美味しく頂いております。  

 

 

精米したあとの出てくる米ぬか。 

こちらは捨てるでなく再利用。 

土から生まれるものはなんでもリサイクル可能ですな。 

現在は 

•ぬか漬け 

•ベランダ野菜の肥料 

•油もの用の皿洗いとして  

ぬか漬け始めて数ヶ月。 

最初は冷蔵庫保存だったけど常温保存を試していたらかなりすっぱいオイニーが発生。 

リサーチすると温度、塩分不足等が原因のよう。プラスチック容器にも原因ありそう…ホーローが間違いないのかな。

試しに新しく米ぬか、塩を投入し冷蔵庫保存。 

なんとか匂い消え、食べれるほどにりスタート。   

f:id:koza-arc:20190228175047j:image 

f:id:koza-arc:20190228175210j:image
f:id:koza-arc:20190228175200j:image
f:id:koza-arc:20190228175205j:image

精米機生活もエンジョイしております。 

米つながりでテーブルに塗った米油の余りを料理で使用していますがこれまた美味しく。 

サラダ油、オリーブ油くらいしか知らなかったけどサラダにかけてもグットでした。塩、ペッパーをふると立派なドレッシングの完成か。 

 

本日もお疲れ様でした!

自炊生活

自炊というか 

大部分はおつまみになってしまうのだけど 

食にももう少し愛情?をいれようと思い開始。 

スーパーに通うようになり旬の野菜に魚について少々は分かり始めました。   

 

産地は福岡産を。 

鮮度確保の為高くても近郊で取れたものを。  

この目で見るとしなってる古そうな野菜、かさかさな野菜、張りがない魚、体内に入るものだから肉眼で実体験のもと五感を使い購入。 

 

炊飯器は導入せずとりあえずステンレス鍋を使用。 家庭精米機を使い炊く前に精米。ぬかは浅漬け、油汚れの洗い物、畑があれば肥料にできひとつとしてゴミがなく再利用可能。

 

3枚下ろしは母から、おつまみは親父から、せせり肉は学生時代の近所のスーパーより教わりました。 

f:id:koza-arc:20190118141843j:image
f:id:koza-arc:20190118141848j:image
f:id:koza-arc:20190117180845j:image
f:id:koza-arc:20190118141903j:image 

f:id:koza-arc:20190118141857j:image
f:id:koza-arc:20190117181049j:image
f:id:koza-arc:20190118141908j:image
f:id:koza-arc:20190118141944j:image
f:id:koza-arc:20190118141931j:image
f:id:koza-arc:20190118141935j:image
f:id:koza-arc:20190118141939j:image
f:id:koza-arc:20190117180849j:image
f:id:koza-arc:20190118141838j:image
f:id:koza-arc:20190118141954j:image
f:id:koza-arc:20190118141923j:image
f:id:koza-arc:20190118141917j:image
f:id:koza-arc:20190118141913j:image
f:id:koza-arc:20190118141853j:image
f:id:koza-arc:20190117181044j:image
f:id:koza-arc:20190118141949j:image
f:id:koza-arc:20190118141927j:image 

自炊はお酒が進むな。。