小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

福岡市中央区小笹で建築設計活動をしています。衣食住日々豊かに送れるようにように日常生活の発見から日記をつけていきます!

カミーノ・デ・サンティアゴを歩いて28 フロミスタ →カリオーン・デ・ロス・コンデス

Hola!!

昨年の旅 スペイン巡礼『カミーノ・デ・サンティアゴを歩いて』日記の更新。

 

2017.05.04 曇り

朝のアルベルゲは盛り上がっていた。支度して靴をとり外に出ると白人おじさんが椅子の上に四つん這いなって悲鳴を上げている。しかもこっちを見て…その顔、朝から強烈です。というものかかとの皮が靴連れにより剥がれていた。う、痛そう。後ろから奥様が絆創膏を貼ってあげるという光景に朝から見てしまったのであった。

 

巡礼の際の靴はハーフカットのランニングシューズで十分だとおもいます。

登山シューズやトレッキングシューズは少々固すぎ、尚且つ道が平たんのためくつずれが起きやすいのだと思います。

今日一日、ブエンカミーノ!

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

最初の村 ポブラシオン デ・カンポス Población de Camposを通過。

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

本日のカミーノはひたすらだだっ広い荒野。最初の村を過ぎ、二つ分れがあり、みんなが行く道を選らばずオーガニックを選びました。相変わらず平たんのダートが続きました。

ラクターはお決まりのジョンディア。車はパジェロ。侍ジムニーは見なくなりました。

スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

次の村 ビリョビエコ Villoviecoを通過。何もなく人気もない。バルもなし。

巨大な蟻がいたのみ。

その後も台地が続く。何もない。

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

途中アイルランド人のおじさんからバルは知らんか?と聞かれたがこちらジモティーではありません。ハポンですと。他はだれもいない。今日は30km歩くんだと言っていた。かなりの荷物容量で何が入っているのか気になったが速足で先を行った。

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ビリャルカサル デ・シルガ Villalcázar de Sirga 通過。
その後も国道横のカミーノは退屈であった。リニア並みに過ぎ去っていくクルマはサンティアゴまで一瞬だろうと思いつつも、フレームアウトする速いトラクターも多かったのであった。
 

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

本日の宿泊地 カリオン・デ ロス・コンデス Carrión de los Condesに到着。

珍しくシエスタなしの教会横アルベルゲであったのでシャワー浄化後、バルへ!

 

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

バル

Bar Restaurante La Cerve

とりあえずパエリヤ定食とした。食べて飲んでいるとどこかで見た後ろ姿の方がバルのおばちゃんと話している。またもや長話と思い、思い出す。消防士!!笑

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 

カリオン・デ ロス・コンデス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

アルベルト氏。

今日も何かを拾ったみたいで胸につけている。今日が巡礼最後のようで乾杯したあとご一緒に町観光をした。

べらべらとひたすらしゃべってくれている。でも聞き取れない。

その後も美術館、修道院、教会を回り、フロミスタから高速バスに乗って家に帰るとのことでGmailを交換し、町の中心の交差点からタクシーに乗って去っていった。

 

アルベルゲに戻ると日本人の方がおり、さっき歌わされたのだけど…とここの修道院のおば達と巡礼者とで各国の歌を歌うので定番とのことであった。

 

サンティアゴコンポステーラまで405km。

 

 

 

カミーノ・デ・サンティアゴを歩いて27 カストロヘリス→フロミスタ

Hola!!

昨年の旅 スペイン巡礼『カミーノ・デ・サンティアゴを歩いて』日記の更新。

 

2017.05.03 ドピーカン晴れ

朝ゆっくりしていると亭主から早く出ろ?と聞こえたのでブエンカミーノと言ってアルベルゲを出発した。あれだけ飲んだワインも何事もなく消化されていた。(消化器官もすごいな…)

清々しい朝が小高い丘から迎えてくれました。さて今日一日、ブエンカミーノ!

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

朝日が上がってきました。巡礼あるあるの一枚、久しぶり自画。

本日は正面の山越えです。山越えは初日のピレネー越えぶりでしょうか。。。

標高が900mですがカストロへリスでさえ800m前後ありますので実質標高差100mの山登り。

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

サンライズ

今日も焼ける、焼ける焼ける。

少々上がってきました。景色もナイスで下界は模型のよう。

道はゴリゴリ系?粘土系なのか上りずらい。

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

モステラーレス峠頂上到着です。ナイスビューです。

頂上には十字架があり広場ありで上り途中で久しぶりに会ったスペイン人とオレンジ半分こして小休憩。マドリードから来たようで庭師をやっていたけど辞めてカミーノ歩いているとのことだった。自分も無職であることを告げた。

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所峠の向こうもナイスビューでした。

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

どこかのサイトで見た写真はこの風景かで、とりあえず。

麦にワイン畑が広がっていました。しかし雲な快晴で心が無常でした。アマゾンで買った地図にも鉛筆でシンプルに『無』との文字。よか青空。

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

華麗に通過した町 イテロ・デ ラ・ベガ Itero de la Vega

カフェしようと思ったけど通過してしまった。

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

その後も地味に緩やかに長い坂カミーノを登りながら、下りながら。

次の町 ボアディージャ デル・カミーノ Boadilla del Caminoも通過。

その後はフロミスタまで河川敷をひたすらでしたが地味に長く、本日は暑い。

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

フロミスタ手前の

カスティーリャ運河Esclusa cuádruple Frómista Canal de Castilla

どうやらこの運河はカスティーリャの産物である穀類や羊の毛などをスペイン北部の港町サンタンデールまで運搬するために計画したとのこと。しかしながら、長期的の工事中に羊毛価格は暴落の上、運河の必要性はなしとのことだった。かなりゆっくり目のシエスタ多めで工事をしていたのでしょうか。。。笑

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

本日の町フロミスタ Frómistaに到着。

案の定アルベルゲはシエスタみたいだったので荷を置いてバル散策。

Cafe Bar El Manchego大通り沿いあったバルで休憩

外に出て飲んでいると昨日一緒に盛り上がった消防士が来たので再度乾杯。

パエリヤだろ!と頼んでくれた。(これはリアルパエリヤではないと。よかったら家がバレンシアのほうだからティピカルパエリヤが楽しめるぞと)

その後も乾杯を繰り返し、気が付けばワインに突入していた。

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

午後六時前でも明るく散歩するぞ!と、町観光。

教会でドキュメンタリーの撮影をしていて消防士が親しい感じに監督と話していたのでアミーゴなの?と聞くと初対面だといっていた。

しかしスペイン人はほんとおしゃべり好きだな。初対面で30分以上はなし何かに盛り上がっていた。しかも教会内を歩きながら、、日本では到底ありえんな。

よく幼稚園の送り迎えのママ談義はよくみるばってん。

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

適当に散歩しているとカストロへリスで会ったアイルランド人のお二方と再会。

また飲もう!とのことでもちろんとも!

東日本のこと聞かれたけどまだ立ち入り禁止区域があるなど原発は解決していないと。

アイルランドには原発がないと確か言っていた。火力がメインとのことだった。

カストロへリス|フロミスタ|カミーノデサンティアゴ|caminodesantiago|巡礼|スペイン|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 アルベルゲの門限が21時だったので飲み足りなかったけど別れを告げた。

 

サンティアゴコンポステーラまで424km。

 

カミーノ・デ・サンティアゴを歩いて26 オルミージョス デル・カミーノ→カストロヘリス

オラ! 

 

昨年の旅 スペイン巡礼『カミーノ・デ・サンティアゴを歩いて』日記の更新。

 

2017.05.02 曇り

 

いつものように遅めのスタート。

相変わらず草原が続いた。

本日はオルミージョス デル・カミーノからカストロヘリス までの行程。

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

草トラックがかなりのスピードでT字路交差点を突入してきたが

タイヤ跡を残しながら、ノンドリフトで煙を出しながら華麗に左折していった。

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

お、カストロヘリスの街に丘、見えてきました。

残りは一本道。

 

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス Castrojerizに到着

Albergue Ultreiaアルベルゲシエスタであったので近くにバルで到着乾杯をした。

Bar Restaurante El Fuero

気分替えテラスに出たらどこかで何度かあった(確かブルゴス手前の雪が降った日)

アイルランド人の二人さんがいたので乾杯した。

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

シエスタが終わったようで荷をおいて町散策。

どうやら裏山があるらしく亭主に地図をもらいルートを教えてもらった。

なんて言ってるか毎回の如く分からないが赤マーカー頼りに歩いて登っていった。

いい天気。見下ろすとコンパクトな村でした。

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

頂上は展望台含む遺跡群がありました。

カミーノも残り半分くらいか?まだまだだ。

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

下山し再度、街散策。

丘の南側半周に街が形成されている。南斜面、日当たり良好です。

教会は街の端っこ西側にあり。

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

散策しながらたまたま見つけたバー

El Mesón de Castrojeriz

昼下がりから決まっていたジモティおじさんに絡まれ、ハポンハポンと何か言っている。なぜが怒られている感じでもある。とりあえず、グラシアスと言ってアウトサイドに退避した。笑

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

外ではオレンジ色の部隊がいて盛り上がっている。とりあえずビール片手に参加。

確かオーストラリアのグループでうち夫婦の息子が病気で亡くなってカミーノを歩いているとのことだった。確か年齢が29歳と自分と一緒だったようでお母さんから息子さんの話を聞いた。その後も彼らと転々と移動を繰り返しアルベルゲ夕飯タイム開始まで3-4時間はひたすら飲んでいたと思う。。。

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

アルベルげに戻るとちょうど乾杯するところだった。

何をしていたんだ、遅いじゃないかと言われたようで

グランデカニャと言っていって亭主は笑っていた。

サルーゥ!

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

食事が落ち着いたところで

ダイニングテーブルの横にあるぶどう絞り器なのか?でとりあえず盛り上げた。

お前もやれ!

シー、シー、シー!

演技ではきそうな顔したけど亭主は少し引き気味である。笑

(ちなみにTシャツが逆であった)

f:id:koza-arc:20181003161841j:plain

f:id:koza-arc:20181003161925j:plain

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

f:id:koza-arc:20181003161854j:plain

亭主が地下に来いとのことだったのでテーブルの横から地下巡礼。

ワインの出来る前のを飲ませてもらったが、昼からかなりビールを飲んでいたので案の定覚えていない。

日本の侍は?と言われてとったポーズであるかな。

スペイン消防士さん御夫妻。 

f:id:koza-arc:20181003162254j:plain

カストロヘリス|Castrojeriz|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所 

 

いい夜でした。

 

 

用途変更の改正

先日同級生とDIYしながら建築雑談していたら
用途変更について改正されるとのことだった。
国土交通省を調べてみると確かに今年の3月6日に「建築基準法の一部を改正する法律案」が閣議決定されたとのこと。

用途変更
・戸建住宅など小規模建物(延べ床面積200m2未満かつ3階以下)をコンバージョン用途変更する場合に耐火建築物等にすることを不要。(在館者が迅速に避難できる措置を講じることを前提に)
・現在、用途変更するにあたって確認申請が必要となる100㎡を上限200㎡までに見直す。とのことである。

これは空家が溢れている今、既存建物ストックの活用がさらに加速しそうですね。
よく用途変更についてお問い合わせは頂きますが100㎡を少し超えてしまうとか、木造の3階建て、検査済証がない、図面が残ってない、ましてや両方が残っていなかったりでご協力できないことが多々あります。一般戸建て住宅は平均して100㎡弱ですので100㎡から200㎡に変更はかなりの建物転用が可能になるかと思います。


この改正によってスクラップ&ビルドは少なからず減少はするであろうし、建物の資産価値がウン十年後はゼロでなく少々は保たれるのかもしれません。

職人さんひとりひとりが手間ひま掛け携わった建物ですので自分も建築関係に携わっている以上はこの供給過剰な産物を残したいもの。京都議定書温室効果ガスの削減にも微力ではあるけど協力できるでしょう。

 

今後、建築設計するにあったてもその用途だけに図面を引くでなく、構造となる柱、梁、壁などのちのち自由度高く用途変更できるように考慮しながら落とし込んでいくことが求められるのでしょうか。容易ではないですが。数年前に旧博多郵便局庁舎が解体され、きれいなラーメン構造が見え、何か使えるのだろうけど...と思ってもいたので単純明快な建築をつくれるようにしていかないと。

 

この改正でもう一つ気になったのが

・ 木造建築物の高さ13m・軒高9m超 から高さ16m超・階数4 以上に耐火構造等とすべき

・プラスして木材をそのままあらわしにできる耐火構造以外の構造を可能とする

とのことである。

 

住宅街で木造3階建も多く見られますが延べ床面積200m2未満かつ3階以下の建物は耐火建築物等が不要とのことですので構造荷重等については要確認ですが木造建築界での他用途の変更が一気に広がりますね。

さらに日本の資源活用ということで木材の利用推進はしたいのも。

地方創生と謳われていますが、雇用の確保ができるといいでしょうし地場産業の活性化に繋がれば。

九重坊ガツルキャンプでのデトックス

約一年ぶりとなる登山?キャンプ。

先週までは雨模様だったけどなんとか晴れの予報。ってことで久しぶりの九重テント泊に行って参りました。

朝早々に点検業務を終え、軽のジムニーでハンドル震えながら、シフトレバー震えながら高速を低速移動。(徐々にではあるが高速運転での疲労感か増している気がする)

 

行きに個人的パワースポットの竹やぶ(玖珠のからあげ屋)に寄りたかったがスルー。

まぁ、キムチ鍋用の肉とせせり肉は冷凍で仕込んでいたのでケンチャナヨ

坊ガツルまでのルートは長者原→雨ヶ池越→坊ガツルの行程。

天気よく三俣山、星生山頂上も異常なし健全です。

長者原通過。

半袖短パンスタイルでも暑かったが森の中は秋の香りであった。

鳥の鳴き声も気持ちいい。

約一時間で雨ヶ池到着。

小さな尾瀬のような木道。もう少しお花を知っていたら...と思いつつ早3年。

見えました。坊ガツル!後ろの大船山もきれいに見えました。

あとは下りメインの自然道。

途中に大雨で崖崩れたのか橋ができていたけど、整備ありがとうございます。(後ほど法華院温泉入浴に自販機で缶ビールを購入したので維持保全費になることを…)

坊ガツルキャンプ場手前のススキ道に川越えがあるのですが昨日の雨での増水でか作業時間として20秒の靴、靴下脱ぎを怠り最後の最後で沈没。ウェッティに...

白口岳見えてきました!青空も綺麗!!ススキも黄金色で綺麗!!!

残り2-300m。

(テントはメイドインジャパンエスパース/デュオアルティメイト

テント泊のお方、3連休とあって多かったけどなんとか隣棟間を保ちながらテント設営。とりあえず背負っていたサッポロで乾杯。

その後、法華院温泉で浄化→休憩所で再度乾杯→せせり→キムチ鍋という流れ。登山して温泉に自販機ビールがあるってほぼほぼないので理想郷だな、ここは。

おやすみなさい。

 

おはようございます。

翌日天気は曇りでしたのでゆっくり起床。(大船山への朝駆けも考えていたけど)

あおさ汁注入後散歩がてら坊ガツルから1時間あれば登れる立中山へ。

来年こそはミヤマキリシマ、ミヤマキリシマと思いつつ。

 

下山、テントをたたみ法華院にて小休憩。

帰りはスガモリ越ルート。序盤の急登をクリアすればあとは平坦です。

ほぼ登山という登山はせずに終わりました。笑

よかとこでした。また次回。

ケルン

長者・寒ノ地獄を望む

無事長者原下山。

帰りはゆっくり竹やぶ巡礼ができ満足の旅。

カミーノ・デ・サンティアゴを歩いて25 ブルゴス→オルミージョス デル・カミーノ

オラ! 

世界ふれあい街歩きはミハスであった

。ですので、

昨年の旅 スペイン巡礼『カミーノ・デ・サンティアゴを歩いて』日記の更新!

2017.05.01 晴れ

 

昨日とは変わり晴れ。

朝風呂湯船に使ってチェックアウトギリギリまでとゆっくり出発。

清々しい朝です。都会とはお別れ。

ブルゴス市街地から抜ける門扉のArco de San Martin。

ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

石畳が多々あるスペイン。

街を歩きふとした時にこういった意匠的た玉砂利デザインも印象的です。

少しカミーノからエスケープしラス・ウェルガス修道院

シエスタかで閉まっていた。残念。

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

この日の後半はひたすら草原カミーノであった。

最初はとてもとても感動したが見慣れてくると日常。

ヨーロッパに来てみて思ったのがなぜか飛行機雲が多く見受けられる。

気象条件なのか、緯度の関係?それともただ単に飛行機数が多いのか?

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

よか景色です。

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

よか景色です。

続く、続く、続く。

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

下界が見えてきました。

本日の宿泊地 オルミージョス デル・カミーノ 

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

オルミージョス デル・カミーノは半径300mくらいの小さな街です。いや、村か。

あまりに短すぎてムニシパルを華麗に通過でした。

早速アルベルげに荷を置き、シャワー浄化後、村散歩。

バルもほぼありません。1.2箇所あったもののジモティと巡礼者の混合戦で満員御礼。

仕方なく村勇逸のメルカドで缶ビールとハムとバケット、フルーツを買って乾杯。

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

住居跡もちらほらあり。

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

昼寝後、教会横の石垣で再度缶ビールとサラミで韓国のお方と乾杯した。

にしても英語を流暢に話しますね。。。

 

明日もブエン・カミーノ!!



カミーノ・デ・サンティアゴを歩いて24 ブルゴス

旅を始めてを24日目。

日20-30キロ歩くことが何事もなく過ぎ去っていくように日常化していた。

久しぶりの町だったのでもう一泊することに。

 

2017.04.30 

ブルゴス滞在 雨

外では朝方までドンちゃん騒ぎの声、ビンの割れる音に大勢のステップ音、ラリっているような若者連中が走る声など聞こえていた。

アルベルゲ内でも毎度のこと騒ぎ(イビキ)が絶えずだったのだけど。笑 

そんなそんなで夜が更けて行った。

 

朝寝坊巡礼組と一緒に出発。

アルベルゲは基本連泊できない(よっぽどの病気熱、風邪がない限り)ので

向かい側のバルWIFIを使ってそこらへんの宿を予約。

この日は雨の中清掃員のおじさん方が業務を行っていた。 街路の至る所に散水栓が備わっていた。

 ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

スペインは早朝の清掃のおかげでだいだい出勤時には街が綺麗なのである。

あれだけびんの割れる音などしていたが清掃が行き届いている。 

 

こんな小さな清掃車が水を噴射しながら、ブラシを、回しながら石畳を磨き街中を駆け巡っている。バル内でもティッシュ、爪楊枝、大概床に捨てるのが当たり前なのであるから驚いた。雨の中清掃ご苦労様です。

 ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 

宿に荷物おいて散策。

 ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

雨の中フリーマーケットが行われていた。

どれもみたけど錆びた釘、ボロボロのペンチ等

ビンテージな金物はなく。本当のがらくた市のようだった。

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

広場に戻る頃には雨も止み観光者が広場に集まっていた。

昨日はブルゴス大聖堂の外観のみで見学てあったので本日は内観料を払って巡礼。

 ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

スペインゴシック様式三大カテドラルのひとつ。

天井高もあり上部ハイサイドにステンドグラスが使用され

優しい光が入っいた。右側が装飾バラ窓。

 ブルゴス大聖堂|ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 ブルゴス大聖堂|ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 ブルゴス大聖堂|ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 ブルゴス大聖堂|ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 ブルゴス大聖堂|ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 ブルゴス大聖堂|ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

大聖堂内にはいくつもの礼拝堂があった。

数十はあったと思う。

 ブルゴス大聖堂|ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

床フローリングは寄木張りで細かい仕事。

 ブルゴス大聖堂|ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 ブルゴス大聖堂|ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 ブルゴス大聖堂|ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 ブルゴス大聖堂|ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 ブルゴス大聖堂|ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

この日も肌寒く

雨が降ったり止んだりの繰り返しであった。

引き続き街散策。

ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 |caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 |caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 |caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 |caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

たまたま通ったカフェで

カフェコンレチェ(濃い目のエスプレッソにミルクを混ぜたもの)を注入。

ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

ブルゴス|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

宿にチェックインし小休憩。

巡礼から外れると誰とも話さない日があるがなんとなく寂しい。

目覚めると夜だったので迷わずブルゴス料理、ブルゴス料理の旧市街バルへ!

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

昨日行ったバル「メソン・ブルゴス」 

に行ったら

オラ、また来たのか!よく飲むなみたいなことを笑いながら言いつつも、何も頼まずカニャ(生ビール)とパタタス•ブラバス(小切のジャガイモフライに独自のケチャップ系ソースがかかった)を出してくれた。笑  

ブルゴス料理のチョリソーのような血ソーセージ(薄皮の中にひき肉が入った)が多種多様にピンチョスケースにあったので、指差して注文。

 

ほんと呑助にはスペインがあっているのだと実感する。昼間でもスーツ来てビジネスマンが飲んでいるし、プラスしてシエスタ(昼休みが長い!昼寝に家族サービスの時間・・・よくよく効率化を考えるとシエスタを夕方に仕事後のプライベート時間と合算したほうがいい気もするが、、、っても開店時間も遅いからいいのか。笑)があるし日本の細かなイライラ感は全くなさそうであった。

ブルゴス|burgos|caminodesantiago|カミーノデサンティアゴ|星の巡礼|スペイン|spain|小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

 

明日も明後日も

Todo bien!!

大丈夫、大丈夫!!

 

本日もお疲れ様でした。