小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

福岡市中央区小笹で建築設計活動をしています。衣食住日々豊かに送れるようにように日常生活の発見から日記をつけていきます!

オスプレー|ケストレル28L|個人的道具|背負具|

もともとはマウンテンバイクに 

乗っていて、山に繰り出してましたら 

度々すれ違うハイカーさん 

登山だと

どんな風景が広がってるのか  

そんなこんなで山に行くようになった 

 

山行を始めようと思って

福岡登山用品店老舗のラリーグラスへ駆け込んだ

とりあえず買った

登山用ザック

オスプレーosprey/ケストレルkestrel28L サイズM-L(身長171cm) 

http://www.lostarrow.co.jp/store/g/gOS50152002004/
f:id:koza-arc:20180712214502j:image

(旧型はロゴが刺繡でしたけど...)

裏銀座|オスプレー|ケストレル|小堺建築研究所|福岡の設計事務所

(写真は裏銀座縦走時 マットレスにストラップ使用しましたがサイドポケットにポール2本、ヘルメットもぶれず安定してました)

 28Lにしてはかなりの収納力

→サマーシーズンのゆっくりな八ヶ岳縦走3泊4日分も耐えてくれました

(テントはエスパース/デュオ アルティメイト、寝袋はナンガ/オーロラライト450DXをつかっているのでウルトラライトではない一般的な?大きさ、重さになると思います)

 

安定の幅広なヒップベルト+ポケット付

→小堺の身体に完全固定され、個人的fitしていると思います

 左右に小庇チャック付ポケットが付いており柿ピーやブラックサンダー

 クロワッサンなど歩きながらの食事を提供してくれます

 (一般的サコッシュくらいの容量があるためたすき掛けが合わない方はいいのかも.

 それにしっかり固定されているので体に負担がかからないと思います) 

f:id:koza-arc:20180712214531j:image

 

汗かきには重要な背面

→調べてみると背面ベンチレーション「エアスケープバックパネル」というらしく

 この背面設計はかなりいいと思います

 過去背負うものといえば小学校のランドセルから始まり数々のリュック、

 ザックを背負ってきましたが一番蒸れがないかと思います

 凸凹有りの背面スポンジフォーム材+メッシュ仕上げなので背中に対しての接地面

 100%ではないので不快感がありません 

f:id:koza-arc:20180712214549j:image

 

各面にあるメッシュポケット

→これは便利です

 内部がいっぱいになった時の外張り工法にも可

 バケット、ワイン、ビール、缶詰、アウター...なんでも入りますね

 両サイドは深さがあるのでテントポール、ストックポールも安定します 

f:id:koza-arc:20180712214616j:image

 

便利だった前面ストックポールホルダー

→『ストウオンザゴートレッキングポールアタッチメント』という名称のようです

 いちいちザック下ろさずポール出し入れ可能

 ちょとしたガレエリアとか確実に手を使って上り下り時に便利です 


f:id:koza-arc:20180712215113j:image

 

後は

・荷物を詰めた後からだとハイドレーションが入れづらい

・サイドメッシュポケットにペットボトルを入れたとき

 ポケットが深く簡単には取り出せない

・登山本気者ではなのでピッケルストラップ等使ったことなく

くらいでしょうか・・・ 

 

燕山|オスプレー|ケストレル|小堺建築研究所|福岡の設計事務所|

(写真は北アルプス燕 この時もワインに手羽先に...が入っている)

 

 

 

夏も本格化

 

今日一日

 

ご苦労様でした