小堺建築研究所|福岡の建築設計事務所

福岡市中央区小笹で建築設計活動をしています。衣食住日々豊かに送れるようにように日常生活の発見から日記をつけていきます!

都会的田舎暮らし③

東京時代は

起きたと思ったら 

地下に潜り込み

地下鉄満員通勤 

帰りは帰りで 

朝と変わりなく  

 

東京時代は 

どことなく窮屈だった   

 

そこでどうだろう 

複合フローリングの上に 

無垢板を置くだけフローリング 

f:id:koza-arc:20180804183353j:image  

大工修行時親方には 

『休』という字 

人が木に寄り添っている

現代の空間を見ても木がどこにあるか? 

と教わりました  

たがら 

生活の中に自然素材があるだけで 

自分は田舎だとも思ってしまう

 

杉材の厚み15mmですが 

素足で歩いて非常に気持ちいいです  

f:id:koza-arc:20180804183903j:image

材が柔らかいので複合と違って 

疲れも少々は吸収してくれます 

置いて4-5年経ちますが未だ 

ほのかに杉の香りも提供してくれています 

 

すべて星4つの 

ホルムアルデヒド空間で生きるのではなく 

どこか1ヶ所でも自然素材を使っている空間もいいのかと思った次第。。